早慶戦の百年
―学生野球讃歌
著者: 菊谷 匡祐
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
岡田彰布氏『「神宮」の戦いの日々を思いだし、改めて血が騒いだ!』
青島健太氏『この本を読んで、早慶戦に出られたことを今また誇りに思います。』
明治三十六(一九〇三)年、一通の”挑戦状”によって早慶戦は幕をあけた。以来百年、この伝統の対校戦は、東京六大学野球のなかでも抜群の人気と集客力を誇り、学生野球だけではなく、日本の野球そのものをリードする存在でもあった。その軌跡には、中断あり、事件あり、あるいは歴史の波に巻き込まれた、長い歳月があった。白球をひたすら追い続けた情熱が織り成す青春譜を、エピソード、ドラマを交えて綴る。

[著者情報]
菊谷 匡祐(きくや きょうすけ)
一九三五年横浜生まれ。早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了。日本リーダーズダイジェスト社を経て文筆の道に入る。幼時より野球に親しみ、六大学野球の熱心なウォッチャーとなる。昭和三〇年代前半には「早稲田大学新聞」で毎シーズン早慶戦特集号を手がけた。著書に『世界ウィスキー紀行』『開高健のいる風景』など、翻訳にニール・シーハン『輝ける嘘』、ボブ・グリーン『アメリカン・タイム』など多数。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。