ホンモノの思考力
―口ぐせで鍛える論理の技術
著者: 樋口 裕一
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
バカに見えない話し方、してますか?
あなたは論理的な思考のできる人だろうか? 知性をもった話し方で、自分の考えを示しているだろうか? 議論の最中に話の筋がずれてしまったり、周囲の失笑をかったりしたことは? 本書は、二項対立思考、型思考、背伸び思考といった著者独自の方法論で、知的に見える話し方や他人の意見の知的な分析方法、スルドイ質問や反論の仕方などを伝授する。そして、最終的に「ホンモノの思考力」を手に入れることを目指すものだ。まずは、「口ぐせトレーニング」から始めてみよう。見よう見まねで言葉にするうちに、考え方の基本が身につき、論理の技術も手に入る。もうこれで、バカとみなされることもない。議論も会議も怖くない。あなたの知性はホンモノになる。

[著者情報]
樋口 裕一(ひぐち ゆういち)
一九五一年大分県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、立教大学大学院博士課程修了。仏文学、アフリカ文学の翻訳家として活動するかたわら、小論文の指導に携わり、独自の小論文指導法を確立。小論文指導ゼミナール「白藍塾」主宰、東進ハイスクールでも指導にあたる。著書に『ホンモノの文章力』『日本語力崩壊』『やさしい文章術』ほか、訳書にソニー・ラブ=タンシ『一つ半の生命』、ジョルジュ・バタイユ『エロスの涙』など多数。
  • 発売日:2003年7月17日
  • 定価:本体660円+税
  • ISBN:4-08-720200-3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。