メディア・コントロール
―正義なき民主主義と国際社会
著者: ノーム・チョムスキー 鈴木 主税
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
「事実の厳正をどこまでも求めてやまない勇気と情熱には、畏怖の念すら覚えた」ーー作家・辺見庸氏
現代政治におけるメディアの役割に目を向ければ、自分たちの住む世界が見えてくる。二〇世紀初めから現在まで、支配層が大衆の目から真実を隠す手法は、巧妙に構築されてきた。米国の強圧的な外交政策、テロや戦争の実態とは? 世界の真の姿を知るためには、それに気づかなければならない。事実をもとに現代社会を理解することをわかりやすく論じた「メディア・コントロール」、9・11を受け、公正なジャーナリズムとは何かを論じた「火星から来たジャーナリスト」の二編に加え、作家・辺見庸氏によるロング・インタビュー「根源的な反戦・平和を語る」を収録。チョムスキーの考え方のエッセンスを伝える。

[著者情報]
ノーム・チョムスキー
一九二八年米国ペンシルヴェニア州生まれ。マサチューセッツ工科大学教授。生成文法理論で言語学に革命を起こして一時代を築く一方、ヴェトナム戦争以来、アメリカの対外政策を厳しく批判しつづけてきた。邦訳のある著作に『9・11アメリカに報復する資格はない!』『金儲けがすべてでいいのか』『チョムスキー、世界を語る』『アメリカの「人道的」軍事主義』『テロの帝国 アメリカ』『グローバリズムは世界を破壊する』『新世代は一線を画す』『言語と思考』など。

鈴木 主税(すずき ちから) 訳
  • 発売日:2003年4月17日
  • 定価:本体760円+税
  • ISBN:978-4-08-720190-1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。