短編小説のレシピ
著者: 阿刀田 高
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
「マエストロ」が語る短編小説の醍醐味とテクニック
八百編もの短編小説を生み出してきたマエストロがみずから解説・案内する、短編小説の醍醐味。短いだけに、あらゆる技法を駆使した作品は、おもしろさも多彩。小説創りの源泉と技をも教えてくれる。向田邦子、芥川龍之介、松本清張、中島敦、新田次郎、志賀直哉、夏目漱石、ロアルド・ダール、エドガー・アラン・ポーなど十人の作家の、名作やユニークな作品を具体例として選んで特徴を解説し、短編の構造と技法に迫る。短編小説をより楽しく読むためにも、また書くためにも役立つヒントが満載。

[著者情報]
阿刀田 高 (あとうだ たかし)
一九三五年、東京生まれ。早稲田大学文学部仏文科卒業。国立国会図書館司書を経て、七八年「冷蔵庫より愛をこめて」でデビュー。七九年「来訪者」で日本推理作家協会賞、短編集『ナポレオン狂』で直木賞受賞、九五年『新トロイア物語』で吉川英治文学賞受賞。八百を超す幅広いジャンルの短編と丹念な作品創りで知られるが、近年は長編、歴史小説や教養書にも筆をふるう。直木賞、集英社小説すばる新人賞選考委員。
  • 発売日:2002年11月15日
  • 定価:本体700円+税
  • ISBN:4-08-720165-1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。