超ブルーノート入門
―ジャズの究極・1500番台のすすめ
著者: 中山 康樹
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
最良の入り口であり、最終到達点でもある。それがブルーノートだ!
ジャズの歴史に燦然と輝くブルーノート・レーベル。アルフレッド・ライオンが設立したブルーノートに匹敵するレーベルは、今なお出現していない。ブルーノートは、ジャズの最良の入り口であると同時に、最終到達点でもあるのだ。なかでも、レコード番号・1500番台のアルバムには名作が揃い、ジャズがもっとも熱かった時代の息吹が感じられる。それぞれのアルバムを追いながら、ブルーノートの美学と変わらぬ魅力を伝える。

[著者情報]
中山 康樹 (なかやま やすき)
一九五二年大阪府生まれ。「スイングジャーナル」編集長を経て文筆業に。主な著書に『マイルスを聴け!』『ジャズ名盤を聴け!』『マイルス・デイヴィス完全入門』『ディランを聴け!』『超ジャズ入門』『超ビートルズ入門』、訳書に『マイルス・デイビス自叙伝』等。
  • 発売日:2002年10月17日
  • 定価:本体700円+税
  • ISBN:4-08-720163-5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。