開高健の博物誌
著者: 開高 健 奥本 大三郎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
開高さんと出会った幸せな生き物たち
自然と生き物に向けられた温かい眼差しと好奇心、ユーモア。開高健は優れた小説家であるとともに、それまでの日本作家に類例のない旅行家、ノンフィクション作家でもあった。釣り竿を片手に原生林の中へと喜んで分け入り、生命の驚異を味わい、それらの描写に力を注いだ。遺された幅広い作品群の中から、動物、魚類、虫類、植物などに関する名描写を選りすぐり、分類し、奥本大三郎の解題を付した、開高健版『イストワール・ナチュレル』ともいうべき一冊。

[著者情報]
開高 健
一九三〇年大阪市生まれ。大阪市立大学法文学部卒。壽屋(現サントリー)宣伝部在籍中に芥川賞を受賞、作家に。純文学から戦場ルポ、釣り食味紀行等のノンフィクションまで幅広い作品に「開高健語彙」を刻んだ。一九八九年没。著書に『パニック』『日本三文オペラ』『輝ける闇』『フィッシュ・オン』『夏の闇』『オーパ!』『もっと遠く!』『耳の物語』『珠玉』等。

解題:奥本大三郎 作家・仏文学者
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。