無言館ノオト
―戦没画学生へのレクイエム
著者: 窪島 誠一郎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
戦地に散った画学生慰霊の美術館『無言館』。その光と影の5年間を描く。
長野県上田市の郊外に建つ、コンクリート打ち放しの平屋建て、建坪百二十坪の、十字架型をした小さな私設美術館「無言館」。日中戦争、太平洋戦争で、卒業後、もしくは学業半ばで、戦地に駆り出され戦死した画学生の、遺作や遺品が約三百点、展示してある。建設のきっかけは、著者と画家・野見山暁治氏との出会いだった。「戦死した仲間たちの絵」の話に共感し、全国の戦没画学生の遺族を訪問する旅を、氏といっしょにはじめたのだった。

[著者情報]
窪島 誠一郎 (くぼしま せいいちろう)
一九四一年東京生まれ。信濃デッサン館、無言館館主。作家。印刷工、酒場経営などを経て、六五年東京世田谷に「キッド・アイラック・アート・ホール」を設立。また七九年長野県上田市に美術館「信濃デッサン館」を、八七年ニューヨーク州に「野田英夫記念美術館」を、九七年「無言館」を設立した。著書に、実父水上勉との再会を綴った『父への手紙』(筑摩書房)、『信濃デッサン館20年─夭折画家を追って』(平凡社)、『信州の美術館めぐり』(新潮社)など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。