―森助教授VS理系大学生
臨機応答・変問自在
著者: 森 博嗣
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
すべてがQ&Aになる!?科学、雑学から人生相談までーー大学生たちのあらゆる質問に、あの森助教授が答える。
ミステリィ作家であり、某国立大学工学部助教授である著者は、学生に質問をさせることで出席をとり、その質問に自身が答えたプリントを配布するという授業を、何年間も続けている。理解度を評価するとともに、自主性や創造性などを高めるためである。授業内容に関連するもの以外に、たわいないものから、科学、雑学、人生相談など、学生の質問内容はヴァラエティ豊かだ。本書は、数万にのぼるそのQ&Aから、ユニークなもの・印象深いものを独断的に選び、その面白さの一端を紹介していく。

[著者情報]
森 博嗣 (もり ひろし)
一九五七年愛知県生まれ。作家。工学博士。一九九六年、某国立大学の工学部助教授
を務める傍ら、『すべてがFになる』(第一回メフィスト賞受賞作)で作家デビュー。『黒猫の三角』『そして二人だけになった』『女王の百年密室』『スカイ・クロラ』『墜ちていく僕たち』『四季』『探偵伯爵と僕』『φは壊れたね』『イナイ×イナイ』『工作少年の日々』『ゾラ ・ 一撃 ・ さようなら』など、数々の著書がある。
  • 発売日:2001年4月17日
  • 定価:本体680円+税
  • ISBN:4-08-720088-4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。