アメリカの巨大軍需産業
著者: 広瀬 隆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
戦争、紛争がもたらす莫大な利益!世界の命運を握る最も危険なビジネスを解析!!
 ベルリンの壁が崩壊し、東西対立の構図が消滅するとともに、アメリカの軍需産業は大統合に向かった。本書は、三〇兆円もの膨大な国防予算を背景に、各企業がますますその経営を合理化していった謎を解き明かす。九九年のNATO軍によるユーゴ空爆などの地域紛争は、従来、民族対立によるものと理解されてきたが、そこに常に介在していたアメリカ製兵器の持つ意味について言及されることはなかった。膨大な資料を分析することによって、政治家、軍との結びつきから、CIA、NASAとの連携まで、アメリカの軍需産業の巨大な姿が浮かび上がってくる。この危険なビジネスが世界情勢を左右する、そのメカニズムとは何なのか。

[著者情報]
広瀬 隆 (ひろせ たかし)
一九四三年東京生まれ。作家。早稲田大学卒業。近年、建国以来のアメリカ合衆国の成り立ちを精力的に分析・研究。著書に『アメリカの経済支配者たち』(集英社新書)、『東京に原発を!』『赤い楯』『地球のゆくえ』(以上集英社文庫)、『クラウゼヴィッツの暗号文』(新潮文庫)、『パンドラの箱の悪魔』『燃料電池が世界を変える』(以上NHK出版)など多数。
  • 発売日:2001年4月17日
  • 定価:本体800円+税
  • ISBN:4-08-720087-6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。