「中国人」という生き方
―ことばにみる日中文化比較
著者: 田島 英一
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
中国人のメンタリティーはラテン系!?12億人の普通の中国人のありのままの姿を16のキーワードで読み解くオモシロ比較文化論
天安門広場(北京)
二千年来、中国は日本の文化のお手本だった。漢字をはじめとして中国の影響は大きい。でも、だからといってそのメンタリティは日中同じとは限らない。日本人にはおなじみの孔子様の礼節も、毛沢東の革命思想も、多くの中国大衆からはもっとも遠いのが実情だ。徹底した個人主義のくせに、一度「身内」となったら死ぬまで仲間とみなす、東アジアのしたたかな「ラテン系」民族、それが十二億の普通の中国人のありのままの姿なのだ。中国人を妻とした著者が、十六のことばを通じて、日本人と中国人の生活意識を考える、オモシロ比較文化論。

[著者情報]
田島 英一 (たじま えいいち)
一九六二年、東京生まれ。慶応義塾大学総合政策学部助教授。一九八一年慶応義塾大学文学部入学、中国語と出会う。大学ではチベット語、大学院では言語学と中国語文法の研究に従事。中国には、上海を中心に、約三年間滞在。ここ数年は研究領域を、中国の民主化、人権問題にも拡大。著書(いずれも共著)に『江沢民・朱鎔基の語る21世紀の中国』(白帝社)『インテンシブ中国語』(東方書店)など。
  • 発売日:2001年3月16日
  • 定価:本体660円+税
  • ISBN:4-08-720083-3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。