アメリカのユダヤ人迫害史
著者: 佐藤 唯行
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
ユダヤ人はなぜ迫害されるのか!?自由と民主主義の国アメリカの知られざる汚点。
自由と民主主義の国アメリカにも、消すことのできない歴史上の汚点があった。「人種差別」である。黒人差別は有名だが、それにひけをとらぬ規模と陰湿さで行われたのがユダヤ人差別であった。ユダヤ人はなぜ差別されたのか。そしてそれは、どんな悲劇を伴ったのか。反ユダヤ主義の成り立ちと、果敢に差別と闘った人々の想いを、様々な具体的事件を例に取り上げながら説き起こす。知られざるアメリカの陰の歴史が、いま甦る。

[著者情報]
佐藤 唯行(さとう ただゆき)
一九五五年、東京都生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位取得。日本学術振興会特別研究員を経て、現在、獨協大学外国語学部教授、国立民族学博物館共同研究員。専門は、アメリカ及びイギリスの人種関係史、特にユダヤ人問題に詳しい。著書に『英国ユダヤ人』(講談社選書メチエ)、『アメリカ・ユダヤ人の経済力』(PHP新書)など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。