南方熊楠英文論考[ノーツ アンド クエリーズ]誌篇
著者: 飯倉 照平 松居 竜五 田村 義也 中西 須美 志村 真幸 南條 竹則 前島 志保
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
熊楠三大英文論考「燕石考」「神跡考」「鷲石考」から未発表のものまで全330篇を新たに訳出!
ロンドン時代に 二十代で『ネイチャー』誌にデビューした南方熊楠は、イギリスを去る一年前から、もうひとつの研究雑誌『ノーツアンドクエリーズ』にも寄稿をはじめた。日本帰国後も、活発に英文で論考を送り続け、それは六十五歳となる一九三三年まで、三〇年以上にわたった。『ノーツアンドクエリーズ』こそは、熊楠の生涯にわたる研究発表の主たる舞台であり続けたのである。
目次
第一章 一八九九年?一九〇〇年 ロンドン滞在期
第二章 一九〇三年?一九〇四年 那智滞在期
第三章 一九〇七年?一九一〇年 田辺定住と投稿の再開
第四章 一九一一年?一九一三年 柳田国男との協力の頃
第五章 一九一四年?一九一五年「十二支考」開始の頃
第六章 一九一六年?一九二〇年 『N&Q』誌の月刊化の頃
第七章 一九二一年?一九二三年 後期の大作「鷲石孝」
第八章 一九二四年?一九二五年 円熟期の英文論考
第九章 一九二六年?一九三三年 英文論考の終息
第十章 未発表論考

[著者情報]
飯倉照平 監修
松居竜五 訳
田村義也 訳
志村真幸 訳
中西須美 訳
南條竹則 訳
前島志保 訳
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。