クラシック千夜一曲
―音楽という真実
著者: 宮城谷 昌光
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
一曲の感動は、千夜をゆたかにする。作家の執筆の秘密をあかす音楽論。
古代中国を舞台にした小説で独自の世界を切り拓いた作家が、初めて試みるクラッシック案内。メンデルスゾーンの「ヴァイオリン協奏曲」や、ベートーヴェンの交響曲六番「田園」など、人生に元気をあたえる生命力のある曲ばかりを十曲選び、解説。豊富なCDコレクションの中から、同じ曲の聴きくらべをしてコメントし、おすすめ盤を紹介する。小説の構成にも似た、パーツを緻密に考察し曲の全体像をつかむ独自の切り口は、よく知っている曲も「こんな曲だったのか」と新たな感動をあたえる。

[著者情報]
宮城谷 昌光 (みやぎたに まさみつ)
一九四五年、愛知県蒲郡市生まれ。早稲田大学文学部英文学科卒。雑誌「新評」編集のかたわら小説を書きはじめ、九一年『天空の舟』(文春文庫)で新田次郎文学賞受賞、『夏姫春秋』(講談社文庫)で直木賞受賞。中国古代史に材をとった小説で独自の世界を切り拓く。ほかに『重耳』(講談社文庫)『奇貨居くべし』(中央公論新社)『青雲はるかに』(集英社)など多数。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。