<ヴィジュアル版>
フェルメール全点踏破の旅
著者: 朽木 ゆり子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
世界に散った「絵画の宝石」全37点カラー収録!!
 日本でもゴッホと並ぶ人気を持つ十七世紀オランダの画家、ヨハネス・フェルメール。その作品は世界中でわずか三十数点である。その数の少なさ故に、欧米各都市の美術館に散在するフェルメール全作品を訪ねる至福の旅が成立する。しかもフェルメールは、年齢・性別を超えて広く受け入れられる魅力をたたえながら、一方で贋作騒動、盗難劇、ナチスの略奪の過去など、知的好奇心を強くそそる背景を持つ。『盗まれたフェルメール』の著者でニューヨーク在住のジャーナリストが、全点踏破の野望を抱いて旅に出る。

[著者情報]
朽木ゆり子(くちき ゆりこ)
 東京生まれ。ジャーナリスト。国際基督教大学教養学部社会科学科卒。同大学院行政学修士課程修了。コロンビア大学大学院政治学科博士課程に学ぶ。一九八七年から九二年まで「日本版エスクァイア」誌副編集長。九四年よりニューヨーク在住。著書に『盗まれたフェルメール』『パルテノン・スキャンダル』(ともに 新潮選書)、『マティーニを探偵する』(集英社新書)、共著に『謎解きフェルメール』(新潮社)がある。『盗まれたフェルメール』と『謎解きフェルメール』は韓国語版が出版されている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。