既刊情報
文字の大きさ
『バブルの死角 日本人が損するカラクリ』

定価:本体760円+税
ISBN978-4-08-720690-6

電子書籍版を購入する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

『バブルの死角 日本人が損するカラクリ 岩本 沙弓 

消費税・新会計基準・為替介入・量的緩和の陰で、
国富は奪われ国益が損なわれる!

 世界経済がバブルの気配を帯びてきた。しかし、浮かれている場合ではない。マネー資本主義の最後を締めくくる大きなバブル崩壊が数年後に確実に待ち構えているからだ。その危機にどう備えるべきなのか。じつは日本人の富が強者に流れていくカラクリがさまざまな制度に埋め込まれてしまっている。消費税も新会計基準も表の顔と違う側面がある。為替介入でも国富はアメリカに流出していく。日本国民が必死に働いて生み出してきた富を掠めとっていく裏の仕掛けとはなにか。1%のグローバル強者に対抗して、99%の我々が知的武装をするための必読書!
著者情報

岩本 沙弓(いわもと さゆみ)

大阪経済大学経営学部客員教授・金融コンサルタント・経済評論家。一九九一年より日・米・加・豪の金融機関にてヴァイス・プレジデントとして外国為替、短期金融市場取引を中心にトレーディング業務に従事。青山学院大学大学院国際政治経済学科修士課程修了。金融機関専門誌「ユーロマネー」誌のアンケートで、為替予想部門の優秀ディーラーに選出。

最近発売された新書
ページトップへ