既刊情報
文字の大きさ
本画像

定価:本体680円+税
ISBN4-08-720272-0

電子書籍版を購入する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

『父の文章教室』 花村 萬月  

早世した父から受けた、狂気の英才教育の記録
異能の芥川賞作家は、いかにつくられたか?

 五歳のころ、放浪癖のあった父親と同居することになり、程なく、花村少年の地獄の日々がはじまった。『モルグ街の殺人事件』を皮切りに、古今東西の古典を読まされる毎日。飽きる素振りをみせれば、すぐさま拳が飛んできた─。
 四年にわたる狂気の英才教育の結果、岩波文庫の意味を解する異能児へと変貌した小学生は、父の死後は糸の切れた凧となり、非行のすえに児童福祉施設へと収容された。以来、まともに学校に通った記憶がない。本書は、芥川賞作家・花村萬月が、これまでの人生で唯一受けた教育の記憶をたどり、己の身体に刻み込まれた「文章作法」の源泉に向きあった、初の本格的自伝である。巻末に、父の死を描いた掌編『爛斑』を収録。

著者情報

花村 萬月 (はなむら まんげつ)

一九五五年東京生まれ。サレジオ中学卒。八九年『ゴッド・ブレイス物語』で第二回小説すばる新人賞を受賞し、デビュー。九八年『皆月』で第一九回吉川英治文学新人賞を受賞。同年、大長編『王国記』の序にあたる『ゲルマニウムの夜』で第一一九回芥川賞を受賞。著書に『ブルース』『鬱』『ぢん・ぢん・ぢん』『守宮薄緑』『風転』『虹列車・雛列車』『百万遍』『私の庭』などがある。
■ブビヲの部屋■

この著者による新書一覧
最近発売された新書
ページトップへ