既刊情報
文字の大きさ
『ルポ ひきこもり未満 レールから外れた人たち』

定価:本体860円+税
ISBN978-4-08-721047-7

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

『ルポ ひきこもり未満 レールから外れた人たち 池上正樹  

制度と人間関係のはざまで……。
他人事ではない「社会的孤立者」たちの苦悩に迫る

 派遣業務の雇い止め、両親の多重債務、高学歴が仇となった就職活動、親の支配欲……。年齢も立場も、きっかけも様々な彼らに共通するのは、社会から隔絶されて行き場を失ってしまった現状である。たまたま不幸だったから? 性格がそうさせているから? 否。決して他人事ではない「社会的孤立者」たちの状況を、寄り添いながら詳細にリポート。現代社会の宿痾を暴き出し、解決の道筋を探る。
 制度と人間関係のはざまで苦しむ彼らの切実な声に、私たちはどう向き合うことができるのか……。
著者情報

池上正樹(いけがみ まさき)

一九六二年、神奈川県生まれ。ジャーナリスト。大学卒業後、通信社勤務を経てフリーのジャーナリストに。ひきこもり問題、東日本大震災、築地市場移転などのテーマを追う。著書に『ひきこもる女性たち』(ベスト新書)、『大人のひきこもり』(講談社現代新書)、『ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護』(ポプラ新書)、『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』(青志社・共著)ほか。KHJ全国ひきこもり家族会連合会事業委員、東京都町田市「ひきこもり」ネットワーク専門部会委員なども務めた。

最近発売された新書
ページトップへ