既刊情報
文字の大きさ
『広告が憲法を殺す日』

定価:本体720円+税
ISBN978-4-08-721031-6

電子書籍版を購入する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

『広告が憲法を殺す日』 本間 龍  南部義典  

電通(CM流し放題)×自民党(カネ使い放題)
改憲CMがテレビを埋め尽くす!?

 憲法改正には、国会で三分の二以上の賛成と、「国民投票」で過半数の賛成が必要だが、二〇〇七年に制定された国民投票法には致命的な欠陥がある。海外の多くの国では原則禁止となっている「広告の規制」がほとんどなく、CMが流し放題となっているのだ。
 さらに日本の広告業界は、事実上の電通一社寡占状態にあり、その電通は七〇年にわたって自民党と強固に結びついている。これが意味することは何か??
 元博報堂社員で広告業界のウラを知り尽くす本間龍と、政策秘書として国民投票法(民主党案)の起草に携わった南部義典が、巨大資本がもたらす「狂乱」をシミュレートし、制度の改善案を提言する。
著者情報

本間 龍(ほんま りゅう)

一九六二年、東京都生まれ。著述家。一九八九年博報堂入社、二〇〇六年退社。原発安全神話を作った広告を調査し、原発推進勢力とメディアの癒着を追及する。『電通巨大利権』『原発プロパガンダ』など著書多数。

南部義典(なんぶ よしのり)

一九七一年、岐阜県生まれ。シンクタンク「国民投票広報機構」代表。衆議院議員政策担当秘書、慶應義塾大学大学院法学研究科講師(非常勤)を歴任。『図解超早わかり国民投票法入門』など著書多数。

最近発売された新書
ページトップへ