既刊情報
文字の大きさ
『改憲的護憲論』

定価:本体740円+税
ISBN978-4-08-721014-9

電子書籍版を購入する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

『改憲的護憲論』 松竹伸幸  

改憲派も護憲派も必読!
憲法論議の「思い込み」を解きほぐす!

 二〇一七年一〇月の衆議院選挙で争点となった改憲。しかし政権与党が提示する、憲法九条に自衛隊を付記する加憲案をめぐって、国民、メディアの間で、その狙いや問題点に関する議論はどれほど深まっただろうか。
 自衛隊を付記しようという加憲案と付記を許さない護憲派。護憲派が従来の立場からどんなに批判を展開しても、改憲派と護憲派の争いの焦点が、自衛隊を認めるかどうかにあると国民の目に映るとすれば、圧倒的多数が自衛隊に共感を持っている今、護憲派は見放されるのではないか。だとしたら、護憲派はどんな論点を提示できるのか?。著者が深い危機感からたどりついた「改憲的護憲論」を世に問う一冊。
著者情報

松竹伸幸(まつたけ のぶゆき)

一九五五年長崎県生まれ。 ジャーナリスト・編集者、日本平和学会会員、自衛隊を活かす会(代表・柳澤協二)事務局長。専門は外交・安全保障。一橋大学社会学部卒業。 『9条が世界を変える』『「日本会議」史観の乗り越え方』(かもがわ出版)、『反戦の世界史』『「基地国家・日本」の形成と展開』(新日本出版社)、『憲法九条の軍事戦略』『集団的自衛権の深層』『対米従属の謎』(平凡社新書)など著作多数。

最近発売された新書
ページトップへ