既刊情報
文字の大きさ
『音楽で人は輝く――愛と対立のクラシック』

定価:本体740円+税
ISBN978-4-08-720577-0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

『音楽で人は輝く』
 ―愛と対立のクラシック
樋口 裕一 

ブラームス派vsワーグナー派
「巨人たち」の苦悩と歓びが、「至高の音楽」に結びつく!
ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 2011公式ブック

 後期ロマン派の作曲家は、今日世界中で愛され、不朽の輝きを放っている。ブラームス、ワーグナー、ブルックナー、ドヴォルザーク、マーラー、R・シュトラウス、ヴォルフ……。この巨人たちの偉大な作品群を、どう楽しめば良いのだろう。
 その手がかりが、「ブラームス派とワーグナー派の対立」だ。この軸を理解すると、その崇高な音楽がさらに深みを増す。また、ベートーヴェン、シューベルト、メンデルスゾーン、ベルリオーズ、リスト、シューマン等の位置づけも明確になり、シェーンベルク等の新ウィーン楽派も視野に収めることができる。
 両派の対立を軸に、それぞれの創作に影響を与えた「愛のドラマ」も見据えながら、クラシック音楽の魅力をあますところなく伝える。

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンバナー
ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」2011公式サイト
著者情報

樋口 裕一(ひぐち ゆういち)

一九五一年大分県生まれ。作家。多摩大学経営情報学部教授。早稲田大学第一文学部卒業後、立教大学大学院博士後期課程満期退学。クラシック音楽通としても知られ、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンのアンバサダーを務める。小論文・作文通信指導塾「白藍塾」塾長。『ホンモノの文章力』『ホンモノの思考力』『頭がいい人、悪い人の話し方』などのベストセラーの他、『ヴァーグナー 西洋近代の黄昏』など著書多数。

この著者による新書一覧
最近発売された新書
ページトップへ