青春と読書「本を読む」
文字の大きさ
037 『受験学力』 和田秀樹 著
子供は大人に逆らうことで大人になる 中田 考
036 『日本人失格』 田村 淳
青春と読書3月号 インタビュー
035 『イスラーム入門 文明の共存を考えるための99の扉』 中田考 著
九十九の扉を開き、 イスラームの古今東西を旅する 山本直輝
034 『若者よ、猛省しなさい』 下重暁子
青春と読書2月号 巻頭インタビュー
033 『永六輔の伝言 僕が愛した「芸と反骨」』 矢崎泰久編
永六輔が伝える、有名人たちの思いがけない素顔 佐高 信
032 『ひらめき教室 「弱者」のための仕事論』 松井優征 佐藤オオキ 著
極限状況では自らを過信する者から自滅する 北川貴英
031 『イスラームとの講和 文明の共存をめざして』 内藤正典 中田考 著
欧米とイスラーム世界の共生は不可能だ(以上の7文字に傍点)という思い切った断定 内田樹
030 『愛国と信仰の構造 全体主義はよみがえるのか』 中島岳志  島薗 進 著
戦前日本を覆った全体主義を、ナショナリズムと宗教から分析する 毎日新聞・鈴木英生記者
029 『ヤマザキマリの偏愛ルネサンス美術論』 ヤマザキマリ 著
「絵を描いて食べていく」ということ ヤマザキマリ
028 『奇食珍食 糞便録』 椎名 誠 著
地球は回転する糞玉 椎名 誠
027 『科学者は戦争で何をしたか』 益川敏英 著
ノーベル文学賞受賞者による現代の科学と大学への警世の書 水島朝穂
026 『資本主義の克服 「共有論」で社会を変える』金子 勝 著
リベラルな改革原理としての「共有論」 金子 勝
025 『沈みゆく大国 アメリカ』刊行記念
堤 未果 × 姜尚中 スペシャル対談
024 『亡国の集団的自衛権』柳澤協二 著
安全保障の新たなるパラダイムを提示する一冊 伊勢﨑賢治
023 『イスラム戦争 中東崩壊と欧米の敗北』内藤正典 著
イスラムをめぐる政治状況を腑分けしてくれる一冊 内田 樹
022 『アート鑑賞、超入門! 7つの視点』藤田令伊 著
「アートをみる」とはどういうことなのだろう? 藤田令伊
021 『文明開化は長崎から(上・下)』広瀬 隆 著
長崎人が伝えた「本当の知性」 広瀬 隆
020 『騒乱、混乱、波乱! ありえない中国』小林史憲 著
体当たり記者、中国の現実を伝える 池上 彰
019 『国家と秘密 隠される公文書』 久保 亨/瀬畑 源 著
知識が与える力で自らを武装すること 瀬畑 源
018 『ニッポン景観論』アレックス・カー
無私なる「愛」の叫び 白洲信哉
017 『世界を戦争に導くグローバリズム』中野剛志
緊張感高まる世界の因果をとく名著 森 健
016 『安倍官邸と新聞「二極化する報道」の危機』徳山喜雄
客観報道はどこへ行ったのか 池上彰
015 『集英社新書『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-語録』 和月伸宏/解説・甲野善紀
シリア、イラクで戦う相楽左之助 ―もう一度何が正しいかを自ら考え直すために― 中田 考
014 『ちばてつやが語る「ちばてつや」』ちばてつや
人生の師として仰ぎたい、GTCの作品と素顔 南 信長
013 『体を使って心をおさめる 修験道入門』田中利典 著
山嫌いの山伏による、山修行のすすめ。 田中利典
012 『人間って何ですか?』夢枕 獏/池谷裕二/佐藤勝彦/岡村道雄/長沼 毅/島薗 進/窪寺恒己/八代嘉美/ビートたけし 著
人間を語ることは、かくも楽しい 野依英治
011 『伊勢神宮 式年遷宮と祈り』石川 梵 著  監修/河合真如
神域の真実を映し出す 吉田敏浩
011 『ONE PIECE STRONG WORDS 2』尾田栄一郎 著 解説/内田樹
傾魅力的な物語と言葉で、いつまでも僕たちの胸を躍らせて欲しい 濱口 優
010 『それでも僕は前を向く』大橋巨泉 著
傾聴すべき書 石坂浩二
009 『資本主義の終焉と歴史の危機』水野和夫 著 インタビュー
008 『一神教と国家 イスラーム、キリスト教、ユダヤ教』内田 樹/中田 考 著
イスラームを学ぶことは、システムの不正に気づく手段 中田 考
007 『はじめての憲法教室――立憲主義の基本から考える』 (水島朝穂) 書評
改憲トレンドに身をまかせる前に、一読を 香山リカ
006 『スポーツの品格』(桑田真澄/佐山和夫) エッセイ
進化と伝統 桑田真澄
005 『ニュートリノでわかる宇宙・素粒子の謎』(鈴木厚人)書評
ニュートリノについて、心を込めて丁寧に書かれた一冊 小柴昌俊
004 『宇宙は無数にあるのか』(佐藤勝彦)書評。
まさに、勝さんにしか書けない本 益川敏英
003 『NARUTO-ナルト-名言集 絆-KIZUNA- 天ノ巻・地ノ巻』(岸本 斉史)書評。
愛情の否認と克服、世界に愛される理由がここにある 伊藤 剛
002 『原発、いのち、日本人』(浅田次郎/藤原新也/ピーター・バラカン/レーナ・リンダル/辻井 喬/豊竹英大夫/野中ともよ/相田和弘/谷川俊太郎 著 今井一 構成)書評。
すこしでも諦めが頭をもたげたら 落合恵子
001 『荒天の武学』(内田樹×光岡英稔)書評。
一寸先は武の世界 名越康文
ページトップへ