書影

近代天皇論——「神聖」か、「象徴」か 片山杜秀 島薗進 [たちまち2刷]

イベントへリンク

天皇のあり方しだいで日本の近代が吹き飛ぶ!

  • 天皇は神の子孫たる「神聖」な権威なのか、「国民の統合」の「象徴」なのか。退位問題をきっかけに天皇とは何かについて新たな論争の火蓋が切られた。
  • 「国民の統合」が危機に瀕し、民主主義の基盤が揺らぐこの時代にあるべき「新しい天皇」の姿とは何か。
  • この問題を国民が真に考えるためには、幕末・明治維新にまで遡り、わが国固有の伝統と西欧文明との間で揺れ続けた日本の近代の中の天皇の姿と向き合わねばならない。
  • 戦前右翼思想を熟知する政治学者と国家神道研究の泰斗が、この難題に挑む画期的な対論!

保坂正康氏(ノンフィクション作家)絶賛!今上天皇が深化させた「象徴天皇像」。その歴史的意味を鮮やかに論じた好著!

  • 人間であれば限界がある。それを強調した「お言葉」が神聖国家への回帰を阻んでくれている。 国家神道研究の泰斗 宗教学者 島薗進
  • 戦後民主主義と象徴天皇制について「お言葉」ほど真摯に考えられたものを他に知らない。 戦前右翼思想を熟知する 政治学者 片山杜秀

目 次

  1. 序 天皇のあり方しだいで日本の近代が吹き飛ぶ
    試し読み
  2. 1.ジレンマは明治維新に始まった
    ―天皇と臣民のナショナリズム
  3. 2.なぜ尊皇思想が攘夷と結びついたのか
  4. 3.「天皇の軍隊」と明治天皇の神格化
  5. 4.「仁政」と「慈恵」の福祉国家
  6. 5.大正デモクラシーと未完のファシズム
  7. 6.戦後も生きている国家神道
  8. 7.神聖国家への回帰を防ぐために
    「神聖か、象徴か」―なぜ、今、問うのか? 島薗 進
    象徴天皇制の虚妄にかける 片山杜秀

著者プロフィール

片山杜秀(かたやま もりひで)

一九六三年生まれ。政治学者。政治思想史研究者。慶應義塾大学法学部教授。主な著作に『未完のファシズム―「持たざる国」 日本の運命』(司馬遼太郎賞受賞)『近代日本の右翼思想』など。

島薗進(しまぞの すすむ)

一九四八年生まれ。宗教学者。東京大学名誉教授。上智大学大学院実践宗教学研究科教授、同グリーフケア研究所所長。専門は日本宗教史。日本宗教学会元会長。主な著作に『国家神道と日本人』など。

イベント情報

『近代天皇論—「神聖」か、「象徴」か』刊行記念
片山杜秀(政治学者)×島薗進(宗教学者)トークイベント

日時:2017年2月21日(火) 19:00開始
会場:紀伊國屋書店 新宿本店 8階イベントスペース
入場料:500円
電話予約:2階新書売場 03-3354-5702(受付時間10:00−21:00) *2月1日(水)より受付開始

メディア出演・書評

新聞

【朝日新聞】   島薗進氏インタビュー
【日経新聞】   書評
【北海道新聞】  片山杜秀氏インタビュー
【日刊ゲンダイ】 片山杜秀氏インタビュー

雑誌

【週刊金曜日】  書評
【SAPIO】  片山杜秀氏寄稿