既刊情報
文字の大きさ
『「鎌倉百人一首」を歩く』

定価:本体1000円+税
ISBN978-4-08-720443-8

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

『「鎌倉百人一首」を歩く』
尾崎 左永子 原田 寛 

珠玉の短歌と豪華な写真でつづる古都の魅力
大人の鎌倉歩き指南

 「鎌倉ペンクラブ選 鎌倉百人一首」は、古今の著名人百人から鎌倉を詠んだ歌一首ずつを選び二〇〇六年に発表された。有名な源実朝の『大海の磯もとどろによする波われて砕けて裂けて散るかも』の他にも西行、西田幾多郎、正岡子規、鉄幹、晶子、岡本かの子など古代から近・現代まで綺羅星のような文人や歌人が遺した短歌は、古都の魅力に一層の陰翳を与えてくれる。本書は、それらの秀歌から約五〇首を選び、悠久の時と人の感性を巡る手がかりとしたエッセイに、鎌倉在住の写真家のベストショットを組み合わせたもの。花と寺巡りの鎌倉逍遥に、これまでにない奥行きを与えてくれるこの本を、大人の指南書として、四季折々に活用していただきたい。「鎌倉ペンクラブ選 鎌倉百人一首」全首一覧つき。
著者情報

尾崎 左永子(おざき さえこ)

 一九二七年東京生まれ。歌人、作家。日本エッセイスト・クラブ常務理事。鎌倉ペンクラブ副会長。東京女子大学国語科卒業。『夕霧峠』(迢空賞)、『源氏の恋文』(求龍堂、日本エッセイスト・クラブ賞)、『新訳源氏物語』(小学館)、『かの子歌の子』(集英社)、『古典いろは随想』(紅書房)、『短歌カンタービレ――はじめての短歌レッスン』(かまくら春秋社)ほか著書多数。

原田 寛(はらだ ひろし)

 一九四八年東京生まれ。写真家。七一年早稲田大学法学部卒業。鎌倉市在住。日本写真家協会会員、鎌倉市観光協会理事。『鎌倉』(求龍堂) 、『鎌倉伝説散歩』(河出書房新社)ほか著書多数。

最近発売された新書
ページトップへ