既刊情報
文字の大きさ
『たとえ世界が終わっても その先の日本を生きる君たちへ』

定価:本体760円+税
ISBN978-4-08-720870-2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

『たとえ世界が終わっても その先の日本を生きる君たちへ 橋本 治  

崩壊に近づくEU、トランプ、伝々総理…
「世界がバカになっている」時代に染まらないために

”イギリスのEU離脱決定”と“ドナルド・トランプのアメリカ大統領選当選”を見て、成長と拡大を求め続ける資本主義経済の終焉を確信したという橋本治。資本主義の終わりとは何か? その後を我々はどう生きるべきなのか?
「昭和の終わりと同時に日本経済は飽和した」「貿易なんて西洋人の陰謀に過ぎない」「国民はクビにできないので、企業経営感覚の政治家は容易に差別主義者になる」など、政治や経済といった枠を超えて次世代に語りかけるメッセージ。
著者情報

橋本 治(はしもと おさむ)

一九四八年、東京生まれ。東京大学文学部国文科卒業後、小説、評論、戯曲、エッセイと幅広く文筆活動を行う。『古事記』『源氏物語』『枕草子』『平家物語』といった古典の現代語訳も多い。『宗教なんかこわくない!』で新潮学芸賞、『「三島由紀夫」とはなにものだったのか』で小林秀雄賞、『蝶のゆくえ』で柴田錬三郎賞、『双調 平家物語』で毎日出版文化賞を受賞。『上司は思いつきでものを言う』『性のタブーのない日本』『ひらがな日本美術史』『いつまでも若いと思うなよ』など、著書多数。

最近発売された新書
ページトップへ