既刊情報
文字の大きさ
『東京オリンピック「問題」の核心は何か』

定価:本体700円+税
ISBN978-4-08-720846-7

電子書籍版を購入する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

『東京オリンピック「問題」の核心は何か 小川 勝  

オリンピックは「日本のための大会」ではない。
国威発揚、金メダル増、経済効果……
身勝手な欲望に覆われた「理念なき祭典」を、根底から問い質す!

 さまざまな「問題」が露呈する、二〇二〇年東京オリンピック・パラリンピック。その開催に際して政府が示す「基本方針」は、日本選手に金メダルのノルマを課し、不透明な経済効果を強調し、日本の国力を世界に誇示することに固執する、あまりに身勝手な内容で、本来、もっとも尊重すべき「オリンピック憲章」の理念とは相容れないものである。
 二度目の開催地となる東京から、世界に発信すべき「理念」とは何なのか。本書はオリンピックの意義を根底から問い直し、二〇二〇年への提言を行なう。
著者情報

小川 勝(おがわ まさる)

一九五九年生まれ。スポーツライター。青山学院大学理工学部卒業後、スポーツニッポン新聞社に入社。プロ野球、メジャーリーグ、オリンピック取材などを担当し、編集委員に。二〇〇二年に独立。著書に『10秒の壁-「人類最速」をめぐる百年の物語』『オリンピックと商業主義』(集英社新書)、『イチローは「天才」ではない』(角川oneテーマ 21)など。

この著者による新書一覧
最近発売された新書
ページトップへ