既刊情報
文字の大きさ
『ジャーナリストはなぜ「戦場」へ行くのか』

定価:本体760円+税
ISBN978-4-08-720813-9

電子書籍版を購入する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

『ジャーナリストはなぜ「戦場」へ行くのか』
 ――取材現場からの自己検証
石丸次郎 川上泰徳 横田 徹 玉本英子 及川 仁 内藤正彦 高世 仁 綿井健陽 高橋邦典 土井敏邦 

「死なずに伝える」 それが私たちの仕事です。
誰かが行かなければ、世界を見る「眼」が奪われる。

 「イスラム国」による後藤健二氏、湯川遥菜氏の人質・殺害事件以降、「そんな危険な所へ行く必要があるのか」という世論に乗じて、政権は露骨な報道統制に踏み出し、メディアは萎縮してしまった。危機感に駆られたジャーナリストたちが、フリーランス、新聞社、通信社、テレビ局など立場や媒体を超えて本書に集結。海外取材の最前線に立ってきた体験を踏まえ、これまでの「事故」をシビアに自己検証し危険回避の具体的方策を提示するとともに、「それでも、誰かが“そこ”へ行かなければならない」と訴える。
著者情報

石丸次郎(いしまる じろう)

アジアプレス大阪オフィス代表。

川上泰徳(かわかみ やすのり)

中東ジャーナリスト。元朝日新聞記者。

横田 徹(よこた とおる)

報道カメラマン。

玉本英子(たまもと えいこ)

アジアプレス大阪オフィス。

及川 仁(おいかわ ひとし)

共同通信社ニュースセンター副センター長。

内藤正彦(ないとう まさひこ)

テレビ朝日ニュースセンター編集長。

高世 仁(たかせ ひとし)

「ジン・ネット」代表。

綿井健陽(わたい たけはる)

映像ジャーナリスト・映画監督。

高橋邦典(たかはし くにのり)

写真家。

土井敏邦(どい としくに)

フリージャーナリスト。

最近発売された新書
ページトップへ