既刊情報
文字の大きさ
『その未来はどうなの?』

定価:本体720円+税
ISBN978-4-08-720654-8

電子書籍版を購入する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

『その未来はどうなの?』 橋本 治 

視界不良な世界を過激な知性が照らす

 「理論」で世界が語れた二〇世紀はもはや遠く、今や世の中は分からないことだらけである。しかも「分からない」の仕組だけがいっそう複雑化し、もはや何が分からないか分からないという事態なのだ。
 この分からなさ、視界不良はどこから来るのだろう? テレビ、出版、シャッター商店街、結婚、歴史、民主主義…等、「分からない」が山積する諸問題に「一〇〇%分からないわけではない“余り”みたいなもの」を糸口にして挑む、危険で過激な知の冒険。

著者情報

橋本 治(はしもと おさむ)

一九四八年、東京生まれ。東京大学文学部国文科卒業後、小説、評論、戯曲、エッセイと幅広く文筆活動を展開する。『古事記』『源氏物語』『枕草子』『平家物語』といった古典の圧倒的現代語訳を著す。『宗教なんかこわくない!』で新潮学芸賞、『「三島由紀夫」とはなにものだったのか』で小林秀雄賞、『蝶のゆくえ』で柴田錬三郎賞、『双調 平家物語』で毎日出版文化賞を受賞。

この著者による新書一覧
最近発売された新書
ページトップへ