書影

「グローバリズム その先の悲劇に備えよ」中野剛志 柴山桂太 [2万部!]

  • メディア出演・書評
  • イベント

絶賛!

「資本主義や民主主義への誤った<先入観>をただし、混迷の時代を生きる知恵と力をつけてくれる好著! 」
――佐伯啓思氏(京都大学名誉教授)

「トランプ大統領やブレクジットは幕開けにすぎない。 今後続くのは脱グローバリズムの壮大な巻き返し劇である。本書はそう予言する<希望の書>だ 」
――松原隆一郎氏(東京大学大学院教授)

おもな内容

  • グローバル化がテロ・戦争を引き起こすメカニズム
  • ポピュリズムが愚民の政治ではない理由
  • 人・モノ・カネのグローバルな動きが大停滞!
  • なぜ日本人はグローバル化の「終焉」から目をそらすのか?
  • 世界経済の長期停滞と金融バブルが同時に起きているのはなぜか?
  • 資本主義が機能するための知られざる条件
  • グローバル化が破壊した「国民経済」を建て直す方法

目次

はじめに  思想の座標軸を設定し直そう      中野剛志試し読み

  1. 第一章  「怒りの政治」が世界を覆う
  2. 第二章   EU離脱は国民主権の回復
  3. 第三章   真の冷戦終結で日本はどうなるか
  4. 第四章   悲劇の時代に何をなすべきか
  5. おわりに  グローバリゼーションが国家をつくる  柴山桂太

メディア出演・書評

新聞

「日刊ゲンダイ」 著者インタビュー 中野剛志氏

雑誌

「ニュースソクラ」 著者インタビュー 柴山桂太氏

ラジオ

文化放送「おはよう寺ちゃん活動中」 著作紹介 柴山桂太氏

雑誌

「kotoba」ポピュリズムをなぜ日本人は見誤るのか? 中野剛志氏×柴山桂太氏

イベント

トークイベント

『グローバリズム その先の悲劇に備えよ』刊行記念
中野剛志さん×柴山桂太さんトークイベント
※満員御礼!
日時:2017年8月20日(日)14:00~
場所: 紀伊国屋書店新宿本店
受付:03-3354-5702
参加料:500円

刊行記念選書フェア

「中野剛志・柴山桂太が厳選! <グローバル化の終焉>と向き合うための必読書」
ジュンク堂書店 大阪本店2階正面入り口 話題書コーナー

著者プロフィール

中野剛志
(なかの たけし)

評論家。元・京都大学大学院工学研究科准教授。専門は政治経済思想。エディンバラ大学大学院にて政治思想を専攻し、博士号を取得。主な著書に『TPP亡国論』『世界を戦争に導くグローバリズム』(集英社新書)など。

柴山桂太
(しばやま けいた)

京都大学大学院人間・環境学研究科准教授。専門は経済思想。主な著書にグローバル化の終焉を予見した『静かなる大恐慌』(集英社新書)、エマニュエル・トッドとの共著『グローバリズムが世界を滅ぼす』(文春新書)など多数。