集英社新書WEBコラム
文字の大きさ

在日二世の記憶  在日コリアンの声を記録する会

※連載は終了しました。
この連載は完結し、集英社新書として好評刊行中です。 以下、発売中の『在日二世の記憶』のもくじ です。

 

本書の刊行に寄せて   姜尚中
共生のこの地に「コリア文化博物館」の実現を(申英愛 女)
宝塚で外国人市民の共生目指して(金禮坤 男)
担任の机に入ったままだった「就職希望書」(鄭琪煥 男)
元アートネイチャー会長にして俳人の身世打鈴(姜琪東 男)
天才打者の壮絶な被曝体験(張本勲 男)
親父はどうして、あんな生き方しかできなかったのか(都相太 男)
関東大震災の直前、日本にやって来たアボジ(鄭宗碩 男)
囲碁で結ばれた同胞との絆(洪希徳 男)
「東九条マダン」は、僕らの目指す社会像やねんね(朴実 男)
10 川崎・桜本に生きる(裵重度 男)
11 全盲を超え研究と障害者差別是正に尽力(愼英弘 男)
12 バイオマテリアルの研究と応用への道(玄丞烋 男)
13 夢は哲学の立て直し(竹田青嗣 男)
14 福島の同胞と共に生き、三・一一後に抱く思い(陸双卓 男)
15 ニンニクの臭いが漂う街に生まれて(姜春根 男)
16 一世の暮らしを盛岡冷麺に込めて(邉龍雄 男)
17 同胞医療と共生社会創造のために(辺秀俊 男)
18 在日スパイ捏造事件を通じ民族運動の一翼を担う(李哲 男)
19 痛みを分かち合いたいから差別される側に(鄭香均 女)
20 朝鮮人の父と日本人の母に生れたからこそ朝鮮にこだわる(金治明 男)
21 美しい音楽を奏でるだけでは存在の意味がない(丁讃宇 男)
22 朝鮮人の尊厳回復し、過去を繰り返させないために(洪祥進 男)
23 朝鮮人であることを隠し続けたアボジ(申孝信 男)
24 「和諍」の精神で仏の道に励む(崔無碍 男)
25 この社会はいまだに国、国家というものにとらわれ過ぎている(金成日 男)
26 日立闘争後の「続日立闘争」(朴鐘碩 男)
27 「行く道がどんなに険しくともわれらは明るく進む」(李英銖 男)
28 人情ホルモン「梅田屋」(南栄淑 女)
29 三〇代で医者を目指す(金武英 男)
30 次世代に在日同胞のバトンを託して(金信鏞 男)
31 師匠はいない、アウトローが居心地いい(李末竜 男)
32 父と母の思いを受け継ぐ(蔡鴻哲 男)
33 身体障がい者の劇団を創設(金滿里 女)
34 民族・女性・「慰安婦」痛みの歴史を未来の希望に(方清子 女)
35 生まれ変わっても、指揮者に(金洪才 男)
36 舞台の幕が上がって三分間が勝負(金守珍 男)
37 俺の歌はすべて愛(朴保 男)
38 オモニ、ハルモニに寄り添って生きる(鄭貴美 女)
39 在日済州島出身者にも深い傷跡残した四・三事件の完全解決を(呉光現 男)
40 日本と韓国で活躍する劇作家・演出家(鄭義信 男)
41 被爆者二世として何かせにゃいけん(韓政美 男)
42 ありのままのわたしの歌を歌う(李政美 女)
43 マジシャンとして夢を追い続けて(安聖友 男)
44 あくまで自分のため、自分自身の解放のために表現する(金稔万 男)
45 人生はここからが第二章(李鳳宇 男)
46 父が始めたパチンコ店を二兆円企業へ(韓裕 男)
47 テコンドーのパイオニアにして経済学博士(河明生 男)
48 家族のドキュメンタリーを撮りたい(梁英姫 女)
49 商売に国境はない、人生にも国境はない(兪哲完 男)
50 ヘイト・スピーチを許さぬ裁判闘争の勝利(金尚均 男)
巻末鼎談   もう一つの戦後日本史『在日二世の記憶』を編纂して
小熊英二・髙賛侑・高秀美
用語解説   髙賛侑

 

在日二世の記憶  在日コリアンの声を記録する会

「戦後/解放後」を生き抜いた在日一世52人の魂の証言集『在日一世の記憶』(集英社新書、2008年)刊行から5年半。今、貴重な時代の語り部の役割は、次世代へと引き継がれている。「新書判」の限界を超えた784ページの前著を編んだ小熊英二と姜尚中、そして、高賛侑と高秀美を中心とする精鋭のライターたちが集う「在日コリアンの声を記録する会」は、一世以上に劇的な運命とアイデンティティをめぐる困難な問いに翻弄されつつ、日本社会で逞しく生き抜いてきた「二世」たちの物語を、丹念に、そして、感動的に描き出す――。

ページトップへ