集英社新書WEB連載
文字の大きさ

酒場から酒場へ

南條竹則

今はない酒場、幻の居酒屋……。酒飲みにとって、かつて訪ねた店の面影はいつまでも消えることなく脳裏に刻まれている。思えばここ四半世紀、味のある居酒屋は次々に姿を消してしまった。在りし日の酒場に思いを馳せながら綴る、南條流「酒飲みの履歴書」。

「集英社新書プラス」がオープンしました!
新しい更新情報は「新書プラス」からご確認ください。
5秒後に新サイトへ移動します
009 01s 第9話 終着駅 ――台北飯店
008 01s 第8話 リハビリ酒場
007 01s 第7話 雪国
006 01s 第6話 「ラインガウ」の荒川さん
005 01s 第5話 カクテルの楽しみ
004 01s 第4話 白鳥の歌
003 01s 第3話 乙姫
002 01s 第2話 兵六
001 01s 第1話 二つの大阪屋
南條竹則(なんじょう たけのり)
作者近影

1958年東京生まれ。作家。東京大学大学院英語英文学修士課程修了。学習院大学講師。『酒仙』(新潮社)で第5回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞。他の著書に『吾輩は猫画家である ルイス・ウェイン伝』、『人生はうしろ向きに』(集英社新書)、『ドリトル先生アフリカへ行く』(集英社)、『怪奇三昧 英国恐怖小説の世界』(小学館)、『中華料理秘話 泥鰌地獄と龍虎鳳』(ちくま文庫)など。訳書に『タブスおばあさんと三匹のおはなし』(集英社)など多数。

ページトップへ