集英社新書
カルチュアどんぶり
作者近影 金平茂紀(かねひら しげのり)
TBS「報道特集」キャスター。1953年北海道生まれ。1977年TBS入社。報道局社会部記者、モスクワ支局長、「筑紫哲也NEWS23」担当デスク、ワシントン支局長、報道局長、アメリカ総局長及びTBSインターナショナル副社長等を歴任。2004年度「ボーン・上田記念国際記者賞」受賞。著書に『テレビニュースは終わらない』『世紀末モスクワを行く』『電視的』『二十三時的』『ホワイトハウスから徒歩5分』『報道再生ーグーグルとメディア崩壊』(河内孝氏との共著)他。


13-3(1) 沖縄を撮ること。沖縄を生きること。

展覧会場(横浜市民ギャラリーあざみ野)での石川真生 photo: Ken Kato展覧会場(横浜市民ギャラリーあざみ野)での石川真生
photo: Ken Kato

 石川真生の写真展『写真家 石川真生―沖縄を撮る』が横浜市民ギャラリーあざみ野で開かれた。場所的に言って、あざみ野と沖縄は全く異質な空間だ。僕は開催初日の午前10時に第1号の観客として同展を訪れた。小綺麗な展示空間にとても凝縮された濃密な時間が固着された写真が並んでいた。とりわけ、石川が写真家として出発したばかりの1975〜1977年に、自身が金武町キャンプ・ハンセン近くのバーで働きながら撮った『熱き日々inオキナワ』は凝縮度が高い。「黒人を愛して何が悪い。セックスを謳歌して何が悪い」。それらの写真群からは、僕ら人間の裸の声が聞こえてくるような気がした。沖縄を被写体として撮っているのではなく、自分がそこで丸ごと暮らしている中身をみせているような写真。撮影者自身も被写体であるような写真。撮られている人たちもある意味で無防備だ。だって仲間が撮っているんだから。それは「観察者」の眼差しではない。沖縄を撮ることと、沖縄を生きることが等価であるような写真。石川は当時22歳。「この時撮った写真は、私の原点だ」と語る。会場では、先ごろ亡くなられた東松照明の生前最後の動画インタビューも流されていた。故・東松氏は沖縄に移住し、石川の写真を高く評価していた一人だ。とりわけ、沖縄の港湾労働者を撮った『港町エレジー』を、『熱き日々inオキナワ』とともに最も好きな作品群として挙げていた。僕もそれを去年、那覇でみた。そう言えば、去年は沖縄本土「復帰」40周年の節目の年だったのだ。それで沖縄ではいくつかの写真展が開催されていたように思う。『港町エレジー』をみたのは那覇のパレット久茂地じゃなかったか。そのなかに、水道の蛇口にまたがるようにしてしゃがみこんでいる逞しい港湾労働者の男の後ろ姿の写真が一葉あった。下半身は裸だ。会場にいた石川真生が僕に説明してくれた。「これはねえ何だかわかる? この男はねえ、あれをしたあと、ちんちんを水道の水で洗ってるところ」。いかにも愛おしい男を語る口調だった。今回のあざみ野の会場にももちろん石川はいた。ド派手なジャンパーを着込みながら、にこやかな笑顔から注がれる眼差しは、あらゆる虚飾をはぎ、本当に愛しいものだけを求めている目のように思った。


back
 

集英社新書>WEBコラム>カルチュアどんぶり

ページ上部に戻る

本ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)SHUEISHA Inc. All rights reserved.