集英社新書
カルチュアどんぶり
作者近影 金平茂紀(かねひら しげのり)
TBS「報道特集」キャスター。1953年北海道生まれ。1977年TBS入社。報道局社会部記者、モスクワ支局長、「筑紫哲也NEWS23」担当デスク、ワシントン支局長、報道局長、アメリカ総局長及びTBSインターナショナル副社長等を歴任。2004年度「ボーン・上田記念国際記者賞」受賞。著書に『テレビニュースは終わらない』『世紀末モスクワを行く』『電視的』『二十三時的』『ホワイトハウスから徒歩5分』『報道再生ーグーグルとメディア崩壊』(河内孝氏との共著)他。


13-2(2)「春の祭典」初演から100周年

『春の祭典』終演後の舞台(筆者撮影)『春の祭典』終演後の舞台(筆者撮影)

 ギョーカイでは軽く『ハルサイ』などと言うらしい。ストラヴィンスキーの『春の祭典』の場合、どうしても僕はダンスから入ってしまったので、そちらで受けた強烈なイメージに引っ張られてしまっていた。言うまでもなく、あのピナ・バウシュ=ブッパタール舞踏団の『春の祭典』だ。まさに音楽が可視化されたような感覚だったが、あのダンスを見ていなかったら『春の祭典』からは全く異なった感動を得ていたかもしれない。それくらいこの楽曲の聴き方で圧倒的な影響を食らった。それに触発されるように、モーリス・ベジャールやニジンスキーの振り付けのそれも見た。解釈の違いを超えて、やはり素晴らしいものは素晴らしいのだと思った。そういうわけで『春の祭典』は自分にとって特別な楽曲になっているのだけれど、来日したフィンランドの指揮者エッサ=ペッカ・サロネンとフィルハーモニア管弦楽団が『春の祭典』を演奏するというので、池袋の東京芸術劇場まで期待に胸をふくらませながらいそいそと出かけた。『ハルサイ』はサロネンの十八番になっていると聞いていたからだ。今年はこの曲がパリで初演されてからちょうど100周年にあたるので、世界中で数多く奏でられているという。初演の時はあまりにも斬新すぎて観客たちはどう評価していいかわからない一種のスキャンダルになったほどだったという。さてそれでサロネンの『春の祭典』である。圧倒された。打楽器隊がものすごかった。見ていてハラハラした。ティンパニーやシンバル奏者が極度に緊張しているのがわかった。この前の回のサントリーホールのサロネン/フィルハーモニアのコンサートで、マーラーの交響曲第一番『巨人』の演奏時に、微妙に一度だけワンテンポ速くシンバルが奏でられたように思ったからで(僕の誤解かな)、それで自分の目が打楽器セクションに釘づけになってしまっていた。管楽器と弦楽器の思う存分の競い合いに息もつけないほどの緊迫感を感じた。こんな曲が1世紀も前につくられていたなんて。今現在でも十分すぎるほどアバンギャルドである。ちなみに、モスクワのボリショイ劇場では、この『春の祭典』100周年を記念してフェスティバルが開催されるらしい。そこでは前に記した、ピナ・バウシュやベジャール、ニジンスキーの3つのバージョンの振り付けでバレエが上演されるほか、ウェイン・マクレガーがボリショイ・バレエのために新しく振り付けた新版『春の祭典』も初演されるとのことだ。ああ、モスクワに飛んで行きたい。


back
 

集英社新書>WEBコラム>カルチュアどんぶり

ページ上部に戻る

本ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)SHUEISHA Inc. All rights reserved.