集英社新書
カルチュアどんぶり
作者近影 金平茂紀(かねひら しげのり)
TBS「報道特集」キャスター。1953年北海道生まれ。1977年TBS入社。報道局社会部記者、モスクワ支局長、「筑紫哲也NEWS23」担当デスク、ワシントン支局長、報道局長、アメリカ総局長及びTBSインターナショナル副社長等を歴任。2004年度「ボーン・上田記念国際記者賞」受賞。著書に『テレビニュースは終わらない』『世紀末モスクワを行く』『電視的』『二十三時的』『ホワイトハウスから徒歩5分』『報道再生ーグーグルとメディア崩壊』(河内孝氏との共著)他。


12-07(2) フレンドリーなヨミキョーを聴く

カーテンコール中のヨミキョー(筆者撮影)カーテンコール中のヨミキョー(筆者撮影)

 公私でひどくしんどくなった時は駆け込むようにしてコンサートホールに入ることがある。今回の場合もそうだった。理不尽なものごとの進行に対して、さらに他者から向けられた憎悪に対して、収拾がつかなくなった時に、音楽は心の整理をするきっかけを与えてくれることがある。もちろん逆の場合だってあるのだが、内向していく心を外に向かわせてくれるお薬のような作用は確かにある。プログラムの演目をみて、どうしてこんなに好きな曲だけで構成されているんだと思うくらいだったが、武満徹『トゥイル・バイ・トゥワイライト』、バルトークの『ヴィオラ協奏曲』、リムスキー=コルサコフ『交響組曲シェエラザード』とくれば、駆け込んでも間違いない。武満の美しい曲に続いて、バルトークのヴィオラ協奏曲(ピーター・バルトーク版)でヴィオラ奏者として登場したのは清水直子だった。この曲は以前にもあのユーリー・バシュメットの演奏で聴いたことがあるが、清水の演奏もすばらしいものだった。大きく息を吸い込んで(その音が生々しく響く)エネルギーを一気に集中させて奏でられるヴィオラの演奏に、思い悩んでいた些事がいつのまにか徐々に溶解していた。休憩をはさんでの『シェエラザード』。広上淳一の指揮とヨミキョーの呼吸がとんでもない速度で一体化していって、みていても楽しい。第3楽章のあの美しいメロディーを久しぶりに聴いた。広上淳一という指揮者の動きは、こんな言い方も変だが何だか「和風な」ところがあるような気がしたのと、時おり、ものすごくコミカルに見えたりした。そう、敢えて告白してしまえば僕は、大昔の吉本新喜劇の平参平を思い出してしまったのだ(ごめんなさい)……。これは決して貶めているのではなくて、逆にその独特の所作からものすごい情熱が発せられるのを目撃させられたのだった。広上がヨミキョーの演奏者たちのこころをがっちりと羽交締めにしていくさまが、まざまざと感じられたのだ。これは本当にすごいことだ。『シェエラザード』という曲はそういう意味で広上にぴったりの曲だった。ヨミキョーは本当にフレンドリーな楽団だと思う。観客との距離がとても近い。読売新聞の原発報道はひどいけれど、ヨミキョーは本当にいい! 先日みなとみらいで聴いた『レッド・ヴァイオリン』もよかった。どうやら僕はヨミキョー派になってしまいそうだ。それにしても読売新聞の原発報道はひどいけれど。


back
 

集英社新書>WEBコラム>カルチュアどんぶり

ページ上部に戻る

本ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)SHUEISHA Inc. All rights reserved.