集英社新書
カルチュアどんぶり
作者近影 金平茂紀(かねひら しげのり)
TBS「報道特集」キャスター。1953年北海道生まれ。1977年TBS入社。報道局社会部記者、モスクワ支局長、「筑紫哲也NEWS23」担当デスク、ワシントン支局長、報道局長、アメリカ総局長及びTBSインターナショナル副社長等を歴任。2004年度「ボーン・上田記念国際記者賞」受賞。著書に『テレビニュースは終わらない』『世紀末モスクワを行く』『電視的』『二十三時的』『ホワイトハウスから徒歩5分』『報道再生ーグーグルとメディア崩壊』(河内孝氏との共著)他。


12-05(3) ウラルのハラショー

音楽祭のフィナーレを飾ったウラル・フィルハーモニー管弦楽団(筆者撮影)音楽祭のフィナーレを飾ったウラル・フィルハーモニー管弦楽団
(筆者撮影)

 東京国際フォーラムを会場にしてGW中に開催された音楽祭ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンの今年のテーマはLe Sacre Russe(聖なるロシア)だった。ロシアが生んだ20世紀前半の偉大なる作曲家たち、チャイコフスキー、プロコフィエフ、ストラヴィンスキー、ラフマニノフ、ショスタコーヴィチ、リムスキー=コルサコフ、スクリャービン、シュニトケらの楽曲を中心に編まれた多彩なプログラムは、素晴らしいを通り越して驚愕に値するものだった。こんな大胆な試みを企画・実行してしまったルネ・マルタンというコンサート・プロデューサーにはただただ敬意を表するのみだ。少年時代はピンクフロイドのファンだったそうだ。この音楽祭、僕自身もバラエティに富んだ幾多のコンサートやワークショップのごくごく一部をみたが、そのスケールの大きさ、現代性、実験精神をいやと言うほど見せつけられ、あらためてロシア芸術の歴史の深さに感嘆したことを告白しておく。
 で、今なぜロシアなんだろうか。おそらく政治的にはプーチンが再登場したロシアがきわめてナショナリズム色を前面に打ち出していることとどこかで連動しているのだろう。世界的な指揮者ワレリー・ゲルギエフが大統領選挙時にプーチンの選挙キャンペーンCMに登場したことが話題になっていたが、ロシアの芸術家たちのなかでも祖国の復活を自覚させるような波動が起きているのかもしれない。あるいはひょっとしてアメリカのかつてのUSAI(米宣伝省)のように意図的な国家による「偉大なるロシア」キャンペーンが進行し始めているのかもしれない。僕自身は正直に言えば、そのような動きには警戒感を抱きがちなのだが、実際にその渦の中に身をおいてみると、抗しがたい魅力を感じてしまうことが多々あった。ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンのフィナーレを飾ったコンサートは、ウラル・フィルハーモニー管弦楽団(これがオーチン・ハラショーだった!)とカペラ・サンクトペテルブルクという合唱団、さらにピアニストのボリス・ベレゾフスキーという超豪華な組み合わせだったが、大ラスのラフマニノフのピアノ協奏曲第二番ハ短調が終わると、国際フォーラムの大ホールの観客のほとんどが興奮して席から立ち上がってスタンディング・オベーションを送っていた。何というスケールの大きさか。まさに「熱狂の日々」の締めくくりに熱狂状態が出現していた。こんなことは普段は実におとなしい日本の観客では珍しいことだ。それほどこのコンサートの演奏は素晴らしかった。ハラショー!


back
 

集英社新書>WEBコラム>カルチュアどんぶり

ページ上部に戻る

本ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)SHUEISHA Inc. All rights reserved.