集英社新書
カルチュアどんぶり
作者近影 金平茂紀(かねひら しげのり)
TBS「報道特集」キャスター。1953年北海道生まれ。1977年TBS入社。報道局社会部記者、モスクワ支局長、「筑紫哲也NEWS23」担当デスク、ワシントン支局長、報道局長、アメリカ総局長及びTBSインターナショナル副社長等を歴任。2004年度「ボーン・上田記念国際記者賞」受賞。著書に『テレビニュースは終わらない』『世紀末モスクワを行く』『電視的』『二十三時的』『ホワイトハウスから徒歩5分』『報道再生ーグーグルとメディア崩壊』(河内孝氏との共著)他。


12-03(2) トリスターノ+勅使川原=錦糸町

チケットとパンフレット(撮影筆者)チケットとパンフレット(撮影筆者)

 今をときめく新進ピアニストのひとり、フランチェスコ・トリスターノ・シュリメのバッハ・ゴルトベルク変奏曲と、KARAS勅使川原三郎のダンスのコラボレーションがあるらしいぜ、と聞いてしまえば、時間をどうにかやりくりできれば、行かない手はないだろう。会場のすみだトリフォニーホールに着くと、会場の観客席は期待感で華やいだ雰囲気に包まれていた。実はこの会場の難点は、客席に勾配があまり設けられていないので、前の席に巨漢が座ればほとんど視界が遮られることである。それで運悪く、この日は僕の前に座った男性が体の大きな方であらせられて、しかも彼自身も前のステージがよく見えないらしく、体をダイナミックに左右に揺らし遊ばすものだから、勅使川原のダンスの前にもうひとつの移動体が出現したのだった。それがとても気になって舞台に集中するのが困難だったが、途中からダンスをみるのをほぼあきらめて、ピアニストの奏でる音に集中した。トリスターノは本当にさらりとバッハを弾く。ゴルトベルク以外の自作品「Hello」「Nach Wasser Noch Erde」もよかった。
 トリスターノはヨーロッパでも大変な人気らしく、古典からミニマル、テクノまで幅広くこなし異分野とのコラボレーションも積極的にやっているらしい。それに日本のサブカルチュアにも非常に強く関心があるらしい。大島渚とかの映画も見ているそうだ。僕は演奏を聴いたことがこれまで一度もなかった。ルックスも含め人気のありように頷けてしまう。クラシック音楽家たちが異分野のアーティストたちとコラボレーションをやる場合、うまく相乗効果が生まれる場合と、逆に相殺効果が出てしまう場合がある。このあたりは本当にきびしい世界だ。勅使川原三郎は、欧米、特にフランスでの評価が非常に高く、彼らにとっては魅力ある共演者のひとりに違いない。勅使川原のダンスは、あの独特の痙攣的な動きに加えて、強弱、アクセントがよく利いていてゴルトベルクにとてもよくマッチしていたように思う。女性のダンサー・佐藤利穂子も最大級のテンションで踊っているようにみえた。それにしても残念なのはあの巨漢の後ろにいたことだ。最後はジョン・ケージの「ある風景の中で」で締めくくった。あっさりとステージが終演を迎え、観客たちはそれぞれの思いをいだきながら、雨が降り出した錦糸町へと消えていった。うん、みて聴いてよかった。

 


back
 

集英社新書>WEBコラム>カルチュアどんぶり

ページ上部に戻る

本ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)SHUEISHA Inc. All rights reserved.