集英社新書WEBコラム
文字の大きさ

3.11後の叛乱 反原連・しばき隊・シールズ

「1968」以来、半世紀近くの時を経て、路上が人の波に覆いつくされた。議会制民主主義やマスメディアへの絶望が、人々を駆り立てたのか。果たしてそれは、一過性の現象なのか。新左翼運動の熱狂と悪夢を極限まで考察した『テロルの現象学』の作者・笠井潔と、3.11以後の叛乱の“台風の眼”と目される野間易通が、現代の蜂起に託された時代精神を問う。

笠井潔/1948年生まれ。作家・評論家。79年『バイバイ、エンジェル』で第6回角川小説賞を受賞。98年『本格ミステリの現在』の編者として第51回日本推理作家協会賞を受賞、2003年『オイディプス症候群』と『探偵小説論序説』で第3回本格ミステリ大賞を小説&評論・研究の両部門で受賞。『テロルの現象学』『例外社会』等の思想史・社会評論の著作も多数。

野間 易通/1966年生まれ。90年大阪外国語大学インド・パキスタン語学科卒業。『ミュージック・マガジン』副編集長等を経て、フリー編集者に。2011年4月TwitNoNukesのスタッフとなり、反原発連合の立ち上げに参画。2013年1月 「レイシストをしばき隊」を結成。同10月対レイシスト行動集団 C.R.A.C.(Counter-Racist Action Collective)を結成。

 

第1回 「8・30」の光景を前に  笠井潔

 この5月、東浩紀氏が主宰するゲンロンカフェで野間易通さんとはじめて顔を合わせた。野間さんについては、反原連(首都圏反原発連合)やしばき隊(レイシストをしばき隊、後にCounter-Racist Action Collective/C.R.A.C.に改編)の中心的なメンバーとして、また『金曜官邸前抗議』や『「在日特権」の虚構』の著者として以前から注目していた。ツイッター上で連日のようになされる、膨大な量のツイートも3年ほど前からフォローしている。

 わたしは野間さんたちの運動に共感し、反原連の時期から地方在住者にできる範囲で、その集会やデモに参加してきた。ネット上での言論戦にかんしても、もちろん一から十までとはいえないが、7割方は野間さんの主張に賛同している。

 たとえば「ネトウヨ」、「ヘサヨ」、「極左」という、言論戦の「敵」をめぐる野間さんたちの用語にかんして、前2者なら共有できる。ただし、革共同中核派などを「極左=ラディカルレフト」とするのは不適当だろう。ラディカルレフトは、もう少し肯定的に評価されていい。「マルクス葬送」座談会以来、下らない左翼と35年も闘ってきた人間がいうのだから間違いない。いまやラディカリズムのかけらもない中核派の類は、「セクト」あるいは「政治カルト」と規定するのが妥当ではないか。

 2008年以降の世界金融危機を背景として、アメリカのウォール街占拠、アラブの春、スペインとギリシアなど南欧諸国の反貧困運動、東アジアでは香港の雨傘革命、台湾のひまわり学生運動と、21世紀的な大衆蜂起が連鎖的に生じてきた。〈1968〉と称される1960年代後半から70年代にかけての国際的な解放運動を、『アフター・リベラリズム』のウォーラーステインは1848年の世界革命と対比して論じた。2011年にはじまる世界的な大衆蜂起を、日本のそれも含めて、再開された〈1968〉として捉えることができる。

 日本でも3.11以降の反原発運動や反排外主義運動は、ウォール街占拠などの21世紀的な大衆蜂起と直接間接に連動していた。しかも反貧困と民主主義を掲げる大衆蜂起の大波は地球を東漸し、この夏の戦争法案反対闘争の高揚が示すように、2015年には日本列島に達した。

 国会前占拠にいたる戦争法案反対運動は、もちろん無から生じたわけではない。この夏の高揚を準備したのは、反原発/反排外主義/反安倍という3.11以降の運動過程であり、その先導者として反原連/しばき隊/SEALDs(Students Emergency Action for Liberal Democracy - s)が存在した事実は疑いえない。

 社民党系・共産党系など旧左翼と無党派市民団体による「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」の組織力と影響力では、湾岸戦争やイラク戦争の反対運動の水準を超えることはできなかったろう。旧左翼にも増して凋落の著しい新左翼系は党派も無党派も、反原発/反排外主義/反安倍の運動過程とまったく無縁であるか、周辺でうろうろしながら反原連やしばき隊の足を引っぱるのが精一杯だった。

 この間の運動をめぐる以上のような認識は7割方、野間さんとも共有できるのではないか。相違する3割は、おそらく〈1968〉の把握にかかわる。反原連やしばき隊の運動に同行してきた若い学者、たとえば小熊英二や五野井郁夫は社会運動としての〈1968〉の評価に否定的、あるいは消極的といわざるをえない。

 野間さんを紹介された夜、東氏との往復書簡『動物化する世界の中で』を担当した編集者のO氏とも久しぶりに顔を合わせた。O氏から、また集英社新書で仕事をしてみないかと持ちかけられ、その場で野間易通さんとの往復書簡なら、と応じた。なにしろ東氏のゲンロンカフェでのことだ、かつての『動物化する世界の中で』が想起されたのも当然だろう。しばき隊の中心人物と意見交換のできる機会を、わたしは以前から望んでいた。

 いいですよ、やりましょうというO氏の英断で企画がスタートし、往復書簡の初回はわたしが書くことになった。『動物化する世界の中で』と同じように手紙のスタイルで書きはじめたのだが、しかし、どうにも勝手がよくない。紹介されてから半年もたっていない、わずか2、3回しか話をしたことのない人物に向けて、長文の手紙を書くという設定そのものがそもそも不自然だし、反排外主義運動や反安倍闘争の話をするのに時候の挨拶など必要ない。

 往復書簡はやめにして、交換日記ならぬ交換エッセイにするというのはどうか。最初の読者である野間さんに向けて、わたしがエッセイを書く。それを読んだ野間さんが、返信にあたるエッセイを書く。二人のエッセイのキャッチボールで、集英社新書の1冊分にならないものか。

 交換エッセイという共著の形式が、これまで存在したのかどうかよくわからない。もしもなかったのであれば、この機会に発明してしまおう。というわけで以下、野間易通さんとの交換エッセイの初回である。

*******

 8月30日の午後、群衆で埋まった国会前の車道で野間易通さんとすれ違った。前の週に行われたSEALDs主催の表参道デモの際にも探してみたのだが、この日は野間さんを見つけることができなかった。

 国会前の街路がデモの人波に埋まる少し前のこと。憲政記念館横の公園で揃いの黒いTシャツを着た人たちが、どんなわけか黒や白の風船を山ほど持ってうろうろしている。C.R.A.C.の「WAR AGAINST WAR」のシャツから、野間さんの仲間らしいことはわかった。子連れの参加者も目に付くことだし、子供に風船でも配ろうというのだろうか。

 機動隊の警備によって狭苦しい歩道に押しこまれた膨大な数の抗議者たちが、堰を切ったように鉄柵の隙間から車道に溢れだしていく。人々を先導して車道の中央まで進出した黒いTシャツたちが、大きな布に無数の風船を括りつけはじめた。風船の浮遊力で、巨大な横断幕を空高く上げようとしているのか。

 作業は難航しているようだが、しばらくして「安倍 やめろ!」と大書された横断幕が空中に上がりはじめた。その前から黒のTシャツたちのあいだに野間さんの姿を見つけてはいたが、作業が一段落するまで待って声をかけることにした。

 12万人とも、それ以上ともいわれる膨大な数の群衆に占拠された国会前の航空写真は、直後のTVニュースや新聞で大きく扱われた。1960年安保闘争の際に撮影された国会包囲デモの航空写真と、しばしば並べられて。

 30日の国会前では、年少の友人の藤田直哉君も一緒だった。そういえば野間さんは、わたしと藤田君の対談書『文化亡国論』の書評を次のように書きだしている。

「本書に収録された対談が行われたのは2014年の4月。笠井・藤田両人に責任のないこととはいえ、本書でテーマとなっている《新しい「大衆蜂起の時代」》は、現時点(2015年夏)であまりにも先に進みすぎていて、現在の状況を見据えるための議論がまるで過去の歴史を総括するようなものに見えてしまう。3.11以後の『大衆蜂起の時代』は、それほどのスピードとダイナミズムを持っている」(「図書新聞」2015年9月12日)

 群衆の一人として国会前の人混みを歩きまわりながら、書評での野間さんの指摘と同じようなことを考えていた。すでに時代の雰囲気、時代の気分は根本的に変化したのではないか。現存在に気分(情状性)があるなら、時代の気分、共同的な気分も無視できない重要問題だろう。

 就職氷河期の到来などバブル崩壊後の不況に悩まされていたとはいえ、90年代前半の日本社会には80年代までの「平和と繁栄」の残照が差していた。それを一気に掻き消したのが、1995年の阪神大震災と地下鉄サリン事件の衝撃だった。阪神大震災は16年後の東日本大震災を、オウム真理教の無差別テロは宗教原理主義テロと反テロ戦争が応酬を重ねる21世紀を予示していたと、いまなら振り返ることもできる。

 生産力が戦前期では最高水準に達した1935年を起点として、歴史を20年ごとに区切ってみよう。日中戦争と日米戦争、さらに敗戦直後の時期を挟んだ1935年から1955年までの混乱期は「戦争経済の時代」である。一人当たりの国民総生産が35年水準を回復した1955年から、1975年までの時期は「高度成長の時代」。

 1974年には、第一次オイルショックのために戦後初のマイナス成長が記録され、第二次世界大戦後の高度経済成長は終息した。オイルショックの大波に呑みこまれ、慢性的な構造不況と失業者の急増に直面した欧米とは違って、75年に5パーセントの経済成長を達成した日本はポスト高度成長の安定成長期に入る。

 1970年代後半からの安定成長、プラザ合意を通過した80年代後半のバブル景気。不況に苦しみ続ける欧米を尻目に、日本はかつてない繁栄を謳歌し続けた。1975年から1995年までの20年を「消費社会の時代」としよう。それが反転し、1995年から2015年までは「デフレ不況の時代」になる。

 来年には2パーセント程度の物価上昇が達成され、長いこと日本経済を蝕んできたデフレ不況から脱却できると、政府日銀は声高に宣伝してきた。しかし、安倍晋三や黒田東彦の与太話に期待するアベノミクス信者は、いまや減少の一途を辿っている。

 1995年からの20年に話を戻そう。TVアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」が大ヒットし、社会現象として注目されたのも95年だった。この年を画期として、オタクカルチャーが若者文化の主流となる。斎藤環の『社会的ひきこもり』が刊行されるのは1998年だが、「新世紀エヴァンゲリオン」の主人公シンジによって、「引きこもり」的な心性や行動は社会的に認知されはじめていた。デフレ不況の20年は「引きこもりの時代」でもある。

 もちろん引きこもりや、引きこもり的な心性と親和性の高いオタクたちが、たちどころに消えてしまうわけはない。しかし、それらが時代の徴候として注目された局面は終わった。

 1980年代以降、「マジ」や「ガチ」は長く冷笑されてきた。しかし、ポストモダニズムの懐疑論を引用して「消費社会の時代」に影響力を強め、「引きこもりの時代」を通じていたるところに瀰漫した冷笑主義(シニシズム)は過去のものといわざるをえない。「マジ」や「ガチ」を冷笑する態度こそ「ダサイ」というのは、最近の若者がしばしば口にするところだ。

 先に引用した書評で野間さんは、オタクカルチャー論が中心だったゼロアカ論壇的な世界の「外側」から「現在の『大衆蜂起』」は押しよせてきている、と述べていた。

「ではその『外側』とは何なのかといえば、実はまだよくわからない。しかし過剰な流動性に覆われた社会(=リキッド・モダニティ)のなかで不安に陥った人たちが承認の政治(アイデンティティ・ポリティックス)を闘うという図式とは、根本的に違うのではないか」

 この認識に大枠で異存はない。過去20年にわたる「デフレ不況の時代」の社会的・文化的表象として注目されてきた引きこもりだが、いまや存在それ自体が危機に瀕している。引きこもるための個室が与えられているから、人は引きこもることができた。その個室とは引きこもり第一世代の場合、団塊世代の親が建てたマイホームの子供部屋だった。

 2010年前後に定年を迎えた団塊世代のほとんどが、賃金や労働条件の切り下げを受け入れて就労し続けた。しかし2015年頃には高齢者(65歳)の域に達し、労働市場から最終的に退出しはじめる。

 年金暮らしでは現役時代のような経済的余裕がない。親に依存しながら、中年になるまで自室に引きこもり続けた子供たちは、これからどうなるのか。親の老い、介護が必要となる心身の衰弱、そして死によって、引きこもりの子供たちはホームレス化や犯罪、自殺にまで追いつめられかねない。

『文化亡国論』でも発言したように、多くの若者たちが滝本竜彦の小説『NHKにようこそ!』(2002年刊行)にリアリティを感じていた時代は、すでに大昔のように感じられる。ちなみに、『NHKにようこそ!』のNHKとは、日本放送協会ではなく「日本ひきこもり協会」のことだ。書評で野間さんは続けていた。

「もっといえば、そうした闘いはすでに余裕のある人々のものであって、現在『蜂起』している大衆は、そうした闘いを行う余裕すらない切羽詰まった状況にあるのではないか。それが、SEALDsの若者たちに見られる独特のリア充感や、オタク/サブカル的文脈から遠く離れたアートワークの洗練として逆説的に表れている。この美学は、社会のさらなる後退(亡国)がもたらしたものなのである」

 心性として引きこもりタイプの「若手の保守論客」古谷経衡は、奥田愛基との対談を収録した『愛国ってなんだ』で、SEALDs活動家たちのリア充ぶりに「嫉妬」すると語っている。しかし古谷と奥田は二次元と三次元、オタクとリア充という点で対立しているわけではない。そうした対立があるとしても、結果にすぎない。対立の根拠を探るには、10歳という二人の年齢差に注目したほうがいい。

「デフレ不況の時代」に人格形成した古谷の世代は、リアル世界が厳しければ二次元の世界に撤退することができた。しかし奥田たちは、二次元の虚構世界に引きこもるための条件さえ奪われている。厳しいバイトを続けていても、数百円の交通費が捻出できないため思うように行動に参加できないメンバーさえ、SEALDsにはいるという。

 SEALDsがリア充だとしても、「デフレ不況の時代」にオタクに対置されたリア充、しばしばヤンキーや意識高い系の属性として語られたそれとは次元が異なる。電気代が支払えなければ電気は停まる。電気が停まればパソコンは動かないし、二次元の世界に耽溺することもできない。喩えていえば、これがポスト「引きこもりの時代」のリア充だ。

「社会のさらなる後退(亡国)」によって、新世代はリア充という心性や生活様式の方向に追いつめられてきた。これが古谷世代と奥田世代との相違、対立の根拠だろう。

 6月以降、国会前抗議行動が何千、何万という規模に急拡大し、社会的な注目を集めるようになると、もろもろの批判がSEALDsに加えられはじめた。たとえば、SEALDsのオピニオンには次のような文言がある。

「先の大戦による多大な犠牲と侵略の反省を経て平和主義/自由民主主義を確立した日本には、世界、特に東アジアの軍縮・民主化の流れをリードしていく、強い責任とポテンシャルがあります。私たちは、対話と協調に基づく平和的かつ現実的な外交・安全保障政策を求めます」

 これにたいし、過去の侵略戦争を謝罪も反省もしていない日本が平和主義や自由主義、民主主義を「確立」しえたわけがない、SEALDsは否定的な過去に無知で無自覚だといった批判が加えられた。

「家に帰ったらご飯を作って待っているお母さんがいる幸せを(略)私は(略)『平和』と呼ぶし、こういう毎日を守りたいんです」という女性メンバーによるスピーチは、性別役割分業を固定化しているという非難を浴びた。見栄えのする外見の女性メンバーを前に出した宣伝写真が示すように、SEALDsはセクシズム、ルッキズムに毒されているという批判もなされた。

「国民なめんな」というコールは近代の国民概念を先験化しているとか、国民主体から排除されているマイノリティに差別的だという批判もある。

 論点や角度は違っても、これらにはマイノリティや差別問題を焦点とした文化左翼的批判という共通項がある。SEALDsの応援団をかって出た、C.R.A.C.の分身らしい正体不明の集団「あざらし」が、マイノリティ憑依の文化左翼的SEALDs批判に反撃した。

「あざらし」には、すでに反撃の論理が準備されていた。排外主義デモへのカウンター活動は、新左翼党派を骨絡みにしてきた血債主義や、血債主義の微温的形態である文化左翼主義との思想闘争を不可避の前提としていたからだ。

 関西派の分裂以降その色彩は薄らいだとはいえ、1970年代の昔から血債主義といえば中核派である。この夏に噴出したSEALDs批判や「あざらし」批判の個々の論点にかんしては、必要があればまた触れることにして、ここでは中核派をめぐる問題に集中しよう。

 戦争法案の参議院通過を控えて、9月半ばの国会前では大規模な抗議行動が続いていた。SEALDs主催の路上集会に紛れこんだ中核派などが、警備の鉄柵を揺さぶり、警官隊と押し合いを演じて逮捕者を出した。SEALDsは集会参加者が混乱に巻きこまれることを憂慮し、「あざらし」が中核派などを排除するにいたる。

 反原連/しばき隊/SEALDsという運動の系譜で、セクトの排除は当初からの前提だった。反原連に「共闘」を申し入れてきた革マル派を、野間さんは「人殺しと一緒にやれるか」と一蹴したという。

 革マル派の意図は共闘対象を利用し、混乱を持ちこみ、最終的には対象を分裂解体に追いこむところにある。革マル派による共闘の申し入れなど拒否するのが当然だが、ただし市民運動では「排除の論理はとらない」という原則が一般に共有されている。そのため70年安保の時代にベ平連などの市民団体は、革マル派の党派主義的介入を避けるのに苦慮していた。

 中核派に「国会突入」などやる気もないし、できもしないことはいうまでもない。鉄柵揺すりは自己満足的な戦闘的ポーズだし、警官隊との押し合いで逮捕者を出すのも「闘った」というアリバイ作りにすぎない。

 2012年6月29日の首相官邸前「決壊」をめぐって、野間さんの仲間のbcxxx氏とツイッター上で議論したことがある。抗議者による路上占拠を肯定するわたしの意見は、現場の事情をわきまえない無責任な発言としてbcxxx氏に批判された。この応酬に触発されて「デモ/蜂起の新たな時代」を書いたのだが、ダイレクトアクションや実力闘争のいまさらながらの擁護など不必要だった事実は、その後の経緯が示すところだ。

『金曜官邸前抗議』によれば、6・29の事態に茫然とした反原連は、7・6では決壊を予想して必要な対策を講じている。シングルイシューの反原連から分岐した活動家集団は新大久保で排外主義デモとの実力対決を重ね、そして今年の8月30日には、「あざらし」とSEALDsが国会前で大衆的な街路占拠を先導するにいたる。

 横から口を出されるまでもなく、3.11の衝撃から生じた新たな大衆運動は、みずから街頭で学び、次々と敷居を越えながら飛躍的に成長してきた。新たな運動の先導的部隊はダイレクトアクションの戦闘性という点でも、衰弱し無力化した新左翼セクトを実践的に凌駕している。こうした自律的な成長過程を攪乱し妨害する否定的要因として、「人殺し」セクトや政治カルトの自己満足的なセレモニーは黙殺され、さらには運動の枠外に押しだされてきた。

 しかし、それだけが運動からセクトを排除する理由ではない。中核派に代表される新左翼セクトは、基本としてボリシェヴィズム党派である。マルクスとエンゲルスによる19世紀のマルクス主義は、第一次世界大戦とロシア革命を転機として西欧の社会民主主義とロシアのボリシェヴィズムに分裂した。レーニンが創始したボリシェヴィズムは、コミンテルンを通じて世界各国に勢力を拡大していく。

 ボリシェヴィズムの党派は「真理」を排他的に独占する。独占された真理は、エンゲルスによれば科学的真理だが、レーニン主義を哲学的に精密化したルカーチは弁証法的真理だとする。いずれにしても党とは歴史に内在する真理の体現者であり、したがって無謬である。

 無謬の党は党員に絶対的な服従と献身を要求する。党の目的は権力奪取としての革命と社会主義の実現であり、その主体はマルクスの理論に即して労働者階級とされる。しかし、階級はおのれの歴史的使命に無自覚である場合がほとんどだ。でなければ社会主義の仮面を着けたファシストである社会民主主義党を、労働者が支持したりするわけはない。

 階級のなすべき行為、その歴史的使命を隅から隅まで熟知しているのは、階級それ自身ではなく党である。真理の独占的所有者である党は、虚偽意識にまみれた無自覚な階級に革命意識を外部注入し、革命に向けて導かなければならない。言い換えれば党とは、本隊である労働者階級の前衛である。

 もしも前衛党の指導を拒むような場合には、棍棒を振るっても階級になすべきことを教えこみ、革命に向けて駆りたてなければならない。「棍棒」とは露骨なテロルであると同時に、あらゆる虚偽、奸計、詐術、捏造、その他もろもろの卑劣な悪行を含む。これらの唾棄すべき悪行も、歴史の真理を宿した前衛党によって活用されるなら、ヘーゲルのいわゆる否定的媒介、さらには理性の狡知として正当化されうる。

 内ゲバと称される党派間の暴力的な潰しあいは、一般的な喧嘩や暴力沙汰がエスカレートして生じるのではない。前衛党は唯一無二である。前衛と称する他党派は大衆を欺瞞する偽物で、階級闘争の最悪の妨害物だから抹殺しなければならないというのが、無限に内ゲバを生みだしてきた「理論」だ。真理を独占し階級を善導する前衛党というグロテスクな観念が打ち砕かれない限り、ボリシェヴィズム党派は内ゲバを続け、「指導」を拒否する大衆に歯止めのない暴力を行使し続けることだろう。

 迷惑だからやめるようにと申し入れても、たとえば9月16日にも見られたように、中核派は迷惑行為をやめることがない。党は無自覚な大衆を革命に向けて導かなければならないのであり、そのためにはあらゆる手段が肯定されるのだから。「ファシスト」規定を下したSEALDsを中核派が鉄バールで襲撃しないのは、現在のところそうできる条件がないからにすぎない。

 古典的なボリシェヴィズム党派はロシアのボリシェヴィキ党を原型に、1920年代にコミンテルン支部として組織された各国の共産党である。日本を含めて先進諸国にかんする限り、1950年代後半以降の共産党は議会主義的な平和路線(ユーロコミュニズム)に転換し、あのグロテスクなボリシェヴィズム組織論もソフト化していく。ただしソフト化はしても、自己批判的に正面から乗り越えたわけではない。

 しかし日本でのみ例外的に、安保ブントにはじまる新左翼がボリシェヴィズムを無批判に継承していく。「レーニンに還れ」を掲げ、革命を放棄した共産党に代わる「真の前衛党」の建設を唱えていたのだから、それも当然のことだ。ボリシェヴィズムの影響力が希薄だったアメリカはもちろん、フランス、イタリア、ドイツなどでも〈1968〉の時点ですでに、新左翼は内ゲバと大衆運動の引きまわしを必然とする前衛主義とは訣別していた。

 たとえばフランスの〈1968〉を先導したのは、3月22日運動に代表されるアナキズム的な運動センターであり、アルチュセール派のようにボリシェヴィズムを主張する場合でも、実態は小規模な政治サークルだった。新左翼党派で3桁の専従党員を抱えるような小型共産党の組織化に成功したのは、国際的にも革共同のみである。

 日本の〈1968〉の可能性を圧殺したのが、中核派などのボリシェヴィズム党派だった。この国で〈1968〉を再開するためには、セクトという否定的遺産と対決することが必要不可欠だ。国会前での「あざらし」によるセクト排除には、以上のような歴史的意義が込められている。

 ボリシェヴィズムという観念的倒錯は、どのような精神的荒廃から生じ、どのようにして観念的暴力と思想的腐敗に極点にいたるのか。この主題にかんして、わたしは『テロルの現象学』で詳述している。世界史的に見ればボリシェヴィズムは過去のものだが、しかし党派観念の倒錯は今日、イスラム過激派やジハディストたちに継承されていることを忘れてはならない。 

(2015年12月1日掲載)

ページトップへ